肘の診察室

目次

診察の受け方

レントゲン室へいく

肘の診察室へいく

診察室へ戻る

診察の受け方

 両方の肘を出してください。肘がでれば上着はつけてもかまいません。でないときは、脱衣所に、診察着があります。

身につけてください。準備ができたら、医師の前へどうぞ診察は肘の運動や、不安定性や、知覚障害をチェックします。

ここでは、簡単な質問で代用します。

目次へ戻る

レントゲン検査

 診察が終わり次第レントゲン検査になります。レントゲンでは、再び肘をだします。

脱衣所に患者着があります。肘のレントゲンは2つの方向から取ります。すなわち

正面像、側面像、2枚です。細かく見るときはもう少し取ります。

でき上がったら、医師の診察室で説明があります。


その他の検査

 医師が必要と認めたら、より細かい検査となります。一般的には

 肘関節造影:肘関節に造影剤を注入してレントゲンを取ります。

 核磁気共鳴法(MRI):筋肉の断裂を見るのに適しています

 CT scan     :骨の横断面を見るのに適しています。

 肘関節鏡:肘にカメラを入れます。

 などがあります。

目次へ戻る

医師の診察室

では質問を始めます。あてはまる下線部分をクリックしてください。

間違ったらここまで、戻ってきてください。

病名がわかっている

病名がわからない場合は以下に進む

事故などの、大きなケガを、したおぼえがありますか

外傷がある転落や交通事故など大きな事故の場合です

外傷がないスポーツで痛くなった、力仕事で痛くなった

         あるいは自然と痛くなった

目次へ戻る


外傷性の疾患

当てはまる下線をクリックしてください。

骨折がある。

骨折がない。

        レントゲン上で異状がなく、はれて痛みがあるとき

目次へ戻る


    

非外傷性の疾患

肘が痛く動きも悪い。大きな外傷もなく、スポーツや、長時間作業する方が、肘が痛くなった。

 あるいは、ちょっとひねった程度。前腕から指がしびれる。

 乳幼児で母親が腕を引っ張ったら、肘が動かなくなった。

     貴方の年齢は

中年以上

肘の動きが悪い痛みもある。

第4指、第5指が痺れる

ひじの後ろがはれてきた。水がたまった

中年未満

動きが悪い、スポーツをかなりやる。痛みが出てきた

動きはよいが肘の外側が痛い

動きはよいが肘の内側が痛い

幼児以下引っ張ったら動かさなくなった。

目次へ戻る


診察室へ

Copyright 1996 Honda orthopaedic Clinic