スポーツ医学に関する質問

▼Q27.小学生に多いスポーツ障害とその要因。

Q28.各種目にみられがちな児童のスポーツ障害。 A:1)腰部障害

サッカ−と野球が2大原因種目で、初期の腰椎分離症、終板障害及びいわゆる腰痛

症がある。椎間板ヘルニアは高校生から、肉離れ、捻挫、靭帯損傷が原因の腰痛も中

学生以下は少なく、同様に高校生から増えてくる。腰部障害の原因としてはオ−バ−

ユ−スがあげられる。

2)骨端炎

オスグット・シュラッテル病と踵骨々端炎がある。

a)オスグット・シュラッテル病

膝の前面、脛骨結節の痛みで、ジャンプにより大腿四頭筋の筋力が強いために起

こる。8〜12才位の男子に多く、過度の練習障害の一つである。

b)踵骨々端炎

アキレス腱付着部の踵骨骨端の痛みで、ジャンプによる下腿三頭筋の収縮力が原

因で、やはり過度の練習によることが多い。

3)野球肘

野球の投球動作による障害の一つ。上腕骨小頭関節軟骨の損傷で、多くは10才頃か

ら徐々に発生し、11〜12才になって完全に関節運動の制限があらわれる。投球しすぎ

が主な原因で、大半は投手、次いで捕手が多く、この2つのポジションで8割以上を

占めると言われる。

野球肩の発生は15、16才がピークで、肩の痛みと投球フォ−ムの変化に注意を払う

必要がある。

4)慢性内科的スポ−ツ障害

代表的なものとして、女子に好発するスポ−ツ貧血がある。競技成績の低下、疲れ

易くなるなどの症状が出てくる。多くはオ−バートレ−ニングによるもので、小学生

高学年では注意が必要である。

戻る